ズボラ主婦が夫に内緒で借金完済を目指すブログ

結婚する前に作った借金をこっそり返済しています。

【スポンサーリンク】

夫が「お金がない」と言う。家計は一体どうなってるの?

こんにちは!夫に内緒の借金を、バレずに完済を目指している専業主婦のみのりです。

夫にバレた気もしますが、何も言ってこないのでこのまま気持ちよく泳がせてもらっていると信じて頑張ります!!

 

ここ数日、更新が滞り気味でした。

子どもが幼稚園に行ってる間、ブログに費やす時間ができると思っていましたがなかなかそうもいきません、

下の子は在宅ですし、まだ手もかかりますし遊び相手も必要です。

家事をして、下の子の世話をして…お昼寝した瞬間にパソコン開いて…としていましたが先週はどうにも幼稚園の所用に駆り出され、家にほとんどいませんでした。

幼稚園は意外と親が出て行くことが多いんですね…預かり時間短いのにツライです。

私は今、ブログを更新しないといけないのに…

ある夫のセリフで私はもっともっとブログに力を入れないといけないことが分かりました。

 

 

 

 

 

家計管理

私は家計の管理をしていません。

夫が家計管理、私がお小遣いをもらう立場です?

家のお金で足りないものは「ほしい」と言えば必要な分だけ貰えていました。

もちろんレシートは要提出です。

そんな夫が、少し前からブログにも書いている通り「お金がない」と言い始めたことが気になっていました。

ある夜、「うちには数百円も使えるお金がない」と言い出したことをキッカケに、少しだけ話し合いました。

 

収入を増やすか支出を減らすか

夫に私はそう言いました。

しかし「働きに出ようか」と言うと「保育料がかかる」と言います。

「なら早朝や夜間、土日。子どもはあなたが見てられる時間に働きに出ましょうか」と言うと

「それはみのりがつらいでしょう、今でいっぱいいっぱいなのに」と言います。

 

「では、不必要なものを削りましょうか。BS解約しましょう」と言うと「うーん」と煮え切らない態度。(夫が見たい番組があって契約したが実際は月に1回も見ていない)

「携帯は格安にしたし…他は…じゃあコープを辞めましょうか」と言うと「もう少し考えたい」と言います。

子どもが小さいのでコープを利用していますが、普通のスーパーよりも少しだけ野菜が割高です。なので最近は野菜だけスーパーで買うようにしたりしていました。

上の子が幼稚園に通い出したので下の子を連れて買い物に行くのは、子ども2人連れて買い物に行くよりかはハードルが低いです。 

けれども夫はどの提案に対しても「うん」とは言いませんでした。

 

子どもの児童手当と貯金

私が管理している時は、 児童手当は一部子どもの服を買うのに充て、あとは貯蓄していました。それとは別に、毎月、出生体重分の金額を口座に入れて貯金をしていました。

夫が管理するようになってからは、児童手当はどうなっているか分かりません。

児童手当が入る時期に「子どもの服が買いたい」と言い少しお金をもらっていました。それ以外の使い道はあえて聞いていませんでした。たぶん、もう、使われて無いんだと思います…

 

夫の家計管理に疑問

家計の管理を私に戻してもらいたい…もしくは家計をオープンにして2人で管理するようにできないのか。

当時は新入社員でお給料が少なかった夫でしたが私はやりくりをして家計に関して管理を失敗したことはありません。借金も家計で返したことはありません。

いま、任せてもらってもそれは変わらないと思います。

しかし夫はそれも「うん」とは言わないでしょうね。今ですら給与明細を見せてくれませんから…。

何故数百円も使えるお金がないのか。

もしかして隠れ借金があるのかな…。生活は随分と贅沢をやめて切り詰めています。

夫の収入は上がっています。

どうしてそうなるのかな…と疑問がいっぱいです。

 

借金完済と子どもの貯蓄

私は借金完済を第1目標にしていました。

それとは別に、子どもの貯蓄にも少し気を回すことにしました。

夫に任せていたらきっと子どもの貯蓄は増えないままです…。

子どもの通院入院保険は私のお小遣いで賄っているので(夫に加入を反対されたので内緒で加入)、これ以上を捻出するのはなかなか厳しいところがありますが頑張ろうと思います。

夫の考えは…?

それにしても、何故外で働くことを許してもらえないのか…

お金がないなら手っ取り早く「働いてください」で解決すると思うんですけどね。

男の人の考えていることはよく分かりません…。

 

にほんブログ村 その他日記ブログ 秘密・内緒へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金(100万円~300万円未満)へ
にほんブログ村

ランキングに参加しています、いつもクリックありがとうございます☆

スポンサーリンク